日本組織内弁護士協会(JILA)は、組織内弁護士およびその経験者によって創立された任意団体です。

パブリックアフェアーズ研究会

GROUP

2020.05.18| パブリックアフェアーズ研究会

パブリックアフェアーズ研究会「2020年第1回勉強会 基礎:リスクマネジメントの視点で理解する公共政策の基礎」(Zoom開催/2020年6月9日(火)19:00-20:30)の受付を開始しました。

よろしければ情報をシェアしてください!

パブリックアフェアーズ研究会

2020年第1回勉強会 基礎

リスクマネジメントの視点で理解する公共政策の基礎

 

講師は、4月に東京大学公共政策大学院でも授業を行った当会理事・パブリックアフェアーズ研究会幹事の渡部友一郎先生(弁護士、Airbnbシニアカウンセル)です。この度は、お忙しい皆様向けに、東京大学公共政策大学院の「企業の技術戦略と国際公共政策(第2回)」の授業資料をベースに、JILAのZoom勉強会向けにコンパクトサイズな約50分の講演をお願いしています。その後、約40分の研究会メンバーと聴講者の皆様で質疑応答やディスカッションを予定しています。

 

基礎編と題するように自社に公共政策部門はないけれど、今後のために、企業の公共政策活動の基礎を学びたい方に最適です。

 

テーマ

リスクマネジメントの視点で理解する公共政策の基礎

 

日 時

2020年6月9日(火) 19時00分から20時30分

 

場 所

Zoom開催(参加申込者のみ後日URL・パスワードを送付)

※録画はありません※

 

定員・参加資格

50名程度(Zoomのため特に制限はありませんが申込順で締め切る場合があります)

※研究会メンバー以外の当会会員も参加できるJILA全体型の勉強会です。

※JILA会員以外はご参加いただけません。

※参加費は無料です。

※JILA会員かつ第二東京弁護士会会員については、所定の手続きを経て、継続研修の単位が認定されます。

 

 

お申込方法

JILA会員の方は、以下のURLからお申し込みください。

https://forms.gle/NV8rAkGutwap1okn8

※URLにアクセスできない場合にはメールを携帯電話など他の機器に転送の上、お申込みください。

 

 

講師情報

パブリックアフェアーズ研究会幹事

渡部友一郎弁護士

 

東京大学法科大学院卒。フレッシュフィールズブルックハウスデリンガー法律事務所、DeNAを経て2015年よりAirbnbシニアカウンセル。ALB Japan Law AawardにてIn-House Lawyer of the Year 2018、Most Innovative In-House Team of the Year 2018、Technology, Media and Telecommunications In-House Team of the Year 2019を受賞。2019年、経済産業省「国際競争力強化に向けた日本企業の法務機能の在り方研究会法務機能強化 実装ワーキンググループ」委員。日本組織内弁護士協会理事・事務次長。登壇として、東京大学公共政策大学院「企業の技術戦略と国際公共政策」講義、長島・大野・常松法律事務所・TechLaw Group共催「TechLaw Tokyo 2019―国境をまたぐイノベーションと法」など。

よろしければ情報をシェアしてください!