日本組織内弁護士協会(JILA)は、組織内弁護士およびその経験者によって創立された任意団体です。

  • 入会のご案内
  • English
  • ホーム
  • お問い合わせ
  • よくある質問
  • サイトマップ

部会・支部・研究会

ホーム > 部会・支部・研究会 > パブリック アフェアーズ研究会

パブリック アフェアーズ研究会

>>各研究会一覧へ戻る

研究会のご紹介

パブリック アフェアーズ研究会

当研究会は、組織内弁護士が、対外コミュニケーション及び交渉活動を通じて、立法過程、政策立案過程及び業界ルールの策定過程など、各種ルールメイキングプロセスにおいて果たすべき役割を研究を進めていきます。また、事業者団体運営などの平常時の対外活動のみならず、不祥事対応などの非常時において対外的に組織内弁護士が果たす役割についても研究を進めていく予定です。

活動紹介

2016年度の活動予定

NEW  ■「行政機関と企業側との意見交換」~行政機関での職務経験を通じて
2016年9月8日より、株式会社MS-Japan 東京オフィスにて、第7部会との合同企画として標記のセミナーを開催いたします。当日は講演のみならず、ご参加いただいた皆様ともテーマについて意見交換を実施できればと考えておりますので、皆様奮ってご参加ください。

【日 時】9月8日(木)19時~20時30分頃
【会 場】株式会社MS-Japan 東京オフィス
【参加費】会議室代を参加者の人数割でご負担いただく場合があります。
【懇親会】Aloha Table 飯田橋店(定例会開催場所と同じビル内)

参加方法は、全体MLの2016年8月25日付[JILA:01512]をご覧ください。

■熊本地震緊急セミナー「巨大災害時に企業・組織が果たすべき役割~支援情報の伝達と人材育成」
【講 師】岡本正会員

2016年5月17日(火)午後7時より、弁護士会館1005会議室において、標記の緊急セミナーを開催いたしました。開催直前でのお声掛けとなってしまいましたが、会員のご同伴による企業・組織の危機管理、総務、人事、政策渉外等のご担当者様を含め、多数の皆様にご参加いただきました。
【参考資料】
「『災害復興法学』を創設した弁護士が目指す 組織の人づくりとリーガル・レジリエンス」
http://www.qualitysaitama.com/newspost/39267
「災害から「72時間1分後」をどう生き抜くか「災害復興法学」著者・岡本弁護士に聞く」
https://www.bengo4.com/shakkin/n_4131/

2015年度の活動

■第6回定例研究会
2016年3月22日(火)午後7時より、シティユーワ法律事務所会議室において、第6回定例研究会を開催いたしました。当日は、「製薬業界におけるアドボカシー活動」をテーマとして製薬会社所属の講師の方からご講演を頂戴しました。

■第5回定例研究会
2016年2月1日(月)午後7時より、弁護士会館1005会議室において、第5回定例研究会を開催いたしました。当日は、「パブリック・サーバントとは――私の官僚論」をテーマとして川本明様からご講演を頂戴し、ビジョンを描き、実現することについて考える機会を得ることが出来ました。

■第4回定例研究会
2015年11月17日(火)午後7時より、弁護士会館1005会議室において、第4回研究会を開催いたしました。当日は、「国会議員事務所から見たルール形成過程における企業の役割」をテーマとして、阿部洸三弁護士(保岡興治議員事務所・TMI総合法律事務所)から、パブリックセクターにおける弁護士の展開可能性や政策コミュニケーションの活性化について新たな視座をご提供いただきました。

■第3回定例研究会
2015年10月14日(水)午後6時より、弁護士会館1207会議室において、第3回研究会を開催いたしました。当日は、「企業のルール形成過程への参加の意義と方法」をテーマとして、鎌倉洋樹様(デロイトトーマツコンサルティング合同会社)からご経験を踏まえた貴重なお話をお伺いいたしました。

■第2回定例研究会
2015年9月16日(水)午後7時より、シティーユーワ法律事務所において、第2回研究会を開催いたしました。当日は、行政におけるルール形成関与の経験が豊富な行政組織内弁護士他数名の方から、行政における意思決定過程と企業の関与のタイミングについての勘所などについて報告いただき、出席者で意見交換をいたしました。

■第1回定例研究会
2015年7月27日、第1回研究会を開催し、ルール形成に関する日本の基本的な文献の調査及び今後の研究会の方向性等について話し合いました。

■研究会への入会について
パブリック アフェアーズ研究会では、随時、入会を受け付けております。
入会を希望される方は、事務局担当会員(会員名・アドレス等は全体メーリスの [JILA:01153] より直接ご確認ください。Web上では開示しておりません。)まで、「1:氏名、2:所属先、3:電子メールアドレス、4:修習期 」を明記してお申し込みください。

部会・支部・研究会
GROUP & BRANCH
入会のご案内
会員お手続き
お問い合わせ
このページの先頭へ